敷地利用権

敷地利用権は、建物の区分所有に関する法律で規定されている権利の一つです。主に分譲マンションのように建物に複数戸の専有部分が存在する場合に、その一棟の建物や土地に対して一体に管理または使用される土地に発生する権利のことを言います。

 

 

その対象としては専有部分は勿論、通路だったり駐車場という様に専用部分を所有する上で貢献される共用している土地に多いです。またその内容としても所有権、賃借権、地上権などが見られます。

 

 

また権利の性質は数人の共有である場合には、別途規約による定めがある場合を除いては区分所有者は専有部分と専有部分に係るその権利を分離して処分をすることが禁じられています。しかも権利の割合としては専有部分の床面積によりますが、これについても規約による定めによって別途規定することが可能です。

 

 

問題はその権利を第三者に対抗する事が出来るかどうかですが、不動産登記法上の登記を行うことによって対抗が出来ます。また登記上は、分離処分を禁止された権利を敷地権と解釈され、専有部分の表題部に敷地権である旨が規定されることとなります。

 

 

従ってそれ以降、所有権の移転や担保の設定等の事象に関しては、専有部分に対してなされた効力がそのまま敷地権にも及ぶものと解釈されます。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。