専有部分と共有部分

区分建物とは、一棟の建物の一部を独立して所有することができる建物のことです。マンションのように、一棟の建物に構造上区分された数個の部分があり、独立して住居や店舗に利用できる建物です。それぞれの部分は独立して所有権の目的とすることができます。区分建物は、専有部分、共有部分および建物の敷地権または敷地利用権によって構成されます。

 
専有の部分とは一棟の建物のうちの構造上区分された独立の部分で、用途上の独立性を有し、1個の建物として区分所有権の客体となる部分です。共有部分とは、専有の部分の共用に供される建物の部分で、いくつかの種類があります。まず、構造上専有の部分となりえない建物部分です。建物の廊下や、階段、エレベーター、外壁等がこれに該当します。

 

次に専有の部分に属しない建物の附属物です。電気、インターネットの配線や水道の配管、ガス設備等です。最後に、構造上は専有の部分とすることができますが規約により共有の部分とされた建物の部分および附属建物です。管理人室や共用の応接室、ゲストルームなどです。共有の部分は原則として区分所有者全員の共有に属します。各共有者の持分割合は、その有する専有の部分の床面積割合によって決まります。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。